できることからはじめよう

Pocket

まぁ、いろんな事情で失敗続きな私ですが、なにができるかできないか、どういうアプローチをすれば克服できるか?という、前にいろいろ物議を醸した事を含めて考えます。

さて、人生良いときもあれば悪い時もあるし、それをバネにするもよし、考えるもよし。ただし、自分が持っているもの・持っていないもの・今できること・今できてないことは、正しく把握しておいた方が後々活きてきます。

私が昔プログラマーだったとき、思いっきり高い目標を立てて、結局は失敗に終わったのはご存じかと思いますが、これは「今の自分の能力を超えたに無理な目標」をたててしまい、結局到達できずに失敗したという、単純にハードルのあげすぎだったわけですが、もちろん仕事で必要とされる目標もあるわけで、そこに到達できる人もいれば出来ない人もいます。

到達できない場合は、内容を細かく分割して、「これならできる」と確信できるものから順に作っていきます。いくつかが成功すると、それらの組み合わせで新たにできる事があるかもしれません。それに気付くと「できないと思っていた事」が実はできるようになっていることが多いです。

でも、そこでまたハードルをあげすぎてはいけません。特にプログラミングなどでは、基礎の基礎がわかっていないと、言わんとしているものはわかるけども、どうやって良いかが見えなくなります。だから、できることを試して、自信をつけていく作業が必要です。

得体のわからないものができないのは誰でも同じです。それを手法とか論理的な事柄で分解して考える。その作業の中でひとつひとつのステップを作っていけば、だいたいのことはクリアが可能です。

もちろんハードルにつっかかる事も多いとは思いますが、躓いたらもっと細かくしてみるとか、処理の順番とかが間違ってないかとか点検してみればいいことです。これは「百聞は一見にしかず」なので、何かにつっかかってるのなら、ハードルをまず下げてみる事をオススメします。

「夢は大きく」でいいと思いますけど、できることに自信を持てるようになること、それらをひとつひとつ増やしていけば、時間はかかっても多分たどり着けるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *